トップ > 2012クリスマス会

2012年有料老人ホーム・リバーサイドケア赤池恒例のクリスマス会

  2012年12月15日(土)クリスマス会 
  リバーサイドケア赤池では今年で7回目となるクリスマスを迎え、1階のラウンジで盛大にクリスマス会を催しました。

  中庭の冬景色をバックに、赤と緑のたくさんのポインセチアがクリスマスムードを盛り立てます。

 まずマンドリンアンサンブル“四季”の皆様による演奏からスタートです。

サンタとトナカイ


  司会進行役の方が「皆さんも一緒に歌って下さい!」というと、皆様歌詞をごらんになりながら懐かしい昭和歌謡を歌われました。
  他にもクリスマスメドレーやアンコールにラデツキー行進曲と趣向を凝らした演奏で、胸いっぱいのコンサートとなりました。
  後半は参加されている方々が“主役”の時間です。日頃のレクリエーションで取り入れているマラカス音頭で、ペットボトルの即席マラカスを両手に持つと、不思議と笑顔があふれます。

staff

  マンドリンアンサンブル“四季”の皆様、優しい音色がすばらしかったです。有難うございました。

  来年も健康でにぎやかなクリスマスが迎えられますように…
 
 Merry Christmas!



全員集合

  マンドリンだけでなくギターやチェロ・コントラバスといった弦楽器が揃って曲が流れ始めると、とたんにどなたも音楽の世界にひきこまれていきます。

  “ドレミの歌”や“フニクリフニクラ”といった外国の曲も、つい口ずさんでいらっしゃいます。
  弦を爪弾く細かな動きをじっと見つめながら「素敵な演奏だね。」と感想をもらされる方も。

楽団”四季”


  マラカス隊のスタッフもはやしたてながらも思いっきり踊っています。また、入居者様が前もって選曲した“故郷”“異国の丘”“瀬戸の花嫁”“お座敷小唄”を会場の皆様で合唱しました。
  最後に男性の入居者様が「皆様の健康にお祈りして、三三七拍子~、よー!」の掛け声に、皆様で盛大に三本締めで締めくくりました。
  締め括りにはサンタさんからのプレゼントが配られ、和やかに心あたたまるクリスマス会となりました。

四季のメンバー








トップページへ