トップ > クラウンさんがやって来た

クラウンさんがやって来た

2012年9月7日(金)クラウンさんがリバーサイドケア赤池にやって来ました。

 

 クラウンさんのコミカルでおどけた動きは、どなたも笑わずにはいられません。

 

 「私はね、ミント(水色のオーバーオール)っていうのよ!こっちはアイアイ(オレンジ色の髪)で、あっちはマリノ(緑色のオーバーオール)っていうんだよ。よろしくねー!」

 

 鮮やかな衣装やお化粧に目を奪われながら、次々とマジックや一輪車の芸が披露されていきます。

 

 

 皿回しも、クラウンさんから始まり、何人もの入居者様に皿を渡していきます。

 会場の全員で回転するお皿を見つめます。「落とさずにできるかな?」とドキドキですね。

 

 ショーが終わるとクラウンさんが一人ひとりに握手して回られ、「サーカスを70年前に見たことを思い出しました。」という感想が聞かれました。

 

 

 

 一生懸命に楽しませてくれたクラウンさん、ご尽力いただきました名古屋中法人会様、どうも有難うございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

トップページへ

 2012年9月7日(金)クラウンさんがやって来た!

 この度、名古屋中法人会様が主催する社会貢献活動として“クラウンショー”を開催させていただきました。

“クラウンってなに?”

と思われる方も見えると思いますが、サーカス等の道化師として人々に笑いをもたらす存在のことを称して“クラウン”といいます。

 「いったい何が始まるんだろう?」と興味津々に集まられた入居者様ですが、3人のクラウンさんが登場するとたちまち目が釘づけに。

 

 

 途中から職員も引っ張り出され、急遽「マイケル」として飛び入り参加。

「マイケル!行くよー!」

 入居者様はなじみの職員が登場すると、今まで遠慮がちに笑われていたのが爆発したように「あははー!」と大笑いです。

 

 

 ご覧になられた入居者様もだいぶ若返ったようです。

 思いがけず中法人会様からお土産が配られ、にこにこ顔で閉会となりました。

 

 クラウンさんからも「皆さんが笑顔であったかく拍手してくれて、感謝感激です!」と感想をいただきました。

 

公益社団法人 名古屋中法人会 役員 高橋様