トップ > 園児がやって来ました

園児がやって来ました

2011年1月14日 園児たちがやって来ました。

 有料老人ホーム「リバーサイドケア赤池」に緑区の光が丘保育園の子供たちが遊びに来てくれました。

 

 以前から交流があり今回で3度目の訪問です。今回はふじ組の12名のちびっこ達の登場です。

 

 紺のベストに白いベレー帽の制服姿に口々に「かわいい~」と声があがります。

 

  

 

 質問に悩みながら答える様子も見ていてとっても可愛いですね。

 

 その後はスタッフが1ヶ月がかりで制作したポケモン玉入れ合戦の始まりです。

  2チームに分れて人気のキャラクターが描かれた大箱めがけてモンスターボールを投げ入れます。思ったより難しいかな?2回目は入居者様も参加して競い合います。

 「やった!入った~!」「箱をよくねらってね」声援が飛び交います。

 

 

 あまーい香りが漂いだすと、子供たちだけでなく入居者様もざわめきだしました。

 

「はい、どうぞ」「おいしいー!」「これはソーダ味だね」皆様おいしそうに頬張られていました。

 

 

 

「また来年も来てほしい。」

 

「私ももう一度園児の頃に戻りたい。」

 

 参加された皆様は一様に子供たちからパワーをもらった様子でした。

 

 光が丘保育園の皆さん、ありがとうございました。元気に遊んでね!

 

 

 

 

 

 

 

 

トップページへ

 

 「ドレミの歌」では小さい身体を揺らして一生懸命に楽器を演奏してくれました。

 

 インタビューが始まります。好きな食べ物は?・・・いちご、メロン、ラ・フランス、チーズケーキ。

  好きな遊びは?・・・ブロック、ねんど、おままごと

 

 

 

 それぞれの箱からボールを取り出し、1・2・3・4・5・・と数えて勝敗を見守るのもわくわくします。

 勝ったチームも負けたチームもよく頑張りました!

 ここで登場したのが綿あめ機。この日のために色んな味のついた色ザラメを取り寄せ、スタッフがせっせっと作り出しました。

 

 

 

 最後に園児の皆さんが席を縫うように握手をして回ってくれました。

 

 小さな手を握り締しめ「来てくれてありがとうね。」と入居者様は皆目を細めて言うと、すっかり打ち解けた子供たちはにこにことうなずいていました。

 光が丘保育園から手作りのカラフルなカレンダーをいただくと、こちらからはゲームで使用したポケモン玉入れとモンスターボールをプレゼントしました。

 

「今日はどうもありがとうございました!」

 並んで大きな声でお辞儀をして手を振りながら園児の皆さんが帰っていきました。

 

 お昼ご飯は、器以外は入居者様と同じメニューです Y(^ _ ^)Y