トップ > 百歳を祝う会

百歳を祝う会

2012年8月6日(月) 「百歳を祝う会」が盛大に開催されました。

 

 百年間での印象深い事は?

「地震や台風が一番怖かった!」興味津々に耳を傾けられた入居者様もなるほどと頷かれています。

 全員でジュースでの乾杯の後、お楽しみの漫談ショーが始まりました。久しぶりの登場の経大亭勝笑さんです。「皆さん、やっとかめだねぇ!お母さん私のこと覚えてる?長谷川一夫だよ。」

 お決まりのジョークについつい笑いっぱなしです。

 

 

 最後に、本人様から百歳を迎えられたお慶びをお話され、

 「今日は本当にどうもありがとうございます。」としっかりとした口調でご挨拶されました。

 同席されていたご家族様もとても嬉しそうです。中島様の長寿にあやかって、皆様で三・三・七拍子でめでたく閉会となりました。

 リバーサイドケア赤池の皆様が、これからも健康で長生きされますように!

 

 

 

(※今回はご本人様のご承諾を頂いて、お顔を掲載させていただきました。)

 2012年8月6日(月)百歳を祝う会

 この日有料老人ホーム・リバーサイドケア赤池では開設以来初めて百歳を迎えられる方のお祝い会を催しました。

 

 中島 錠(じょう)様 大正2年8月6日生まれ 数えで百歳です!6人兄弟姉妹の2番目として名古屋で生まれて以来、ずっと名古屋で生活されてきた方です。

 

 錠というお名前について伺うと

「金(かね)へんがついた名前にするとお金に困らないだろうと親がつけたんです。お蔭で困ったことはないですよ。兄弟姉妹全員金へんがついた名前なんですよ。」

 

 長寿の秘訣は?「早寝早起き。」

 

 

 「健康にいいのはね、笑うこと、歩くことだよ。でもね、本当に一番いいのは、笑いながら歩くことだよ。ちょっとおかしい人みたいだね。あはは!」

 

 勝笑さんの様々なお話に全員が引き込まれ、誰しも笑いの渦に巻き込まれています。

 

 予定の30分があっという間に過ぎ、お祝いムードがさらに盛り上がりました。

 

 

 

 

トップページへ