トップ > リバーサイドケア赤池 夏祭り

リバーサイドケア赤池 夏祭り

2011年8月27日 恒例の「リバーサイドケア赤池・夏祭り」を開催しました。

愛知琉球エイサー太鼓連の皆様

 

 

 8月27日(土) 有料老人ホーム・リバーサイドケア赤池では恒例の夏をしめくくるビックイベント、“夏祭り”の当日が遂にやって来ました。 

 

 約3ヶ月前から職員が入念に準備をして参りまして、入居者様も職員もこの日を心待ちにしてきました。お天気も晴れ、蝉時雨がBGMとなり、いつも通りの暑さも想定内です!

 

 

 唄が「イヤ~サアサア」と入ると、「ハイヤ~」と返す、その温かくも独特な節回しに沖縄の風情が感じられ、ここは沖縄?といった感じです。

 

 途中では“子供エイサー”の披露もあり、一生懸命に踊る姿に思わず笑みがこぼれます。“島唄”などの馴染みのある曲を含め10曲ほど披露していただき、最後は“カチャーシー”という両手を挙げ左右に振る踊りで会場の皆様で盛り上がりました。

 

 作りたての綿菓子やお団子を頬張る姿を見ると、スタッフも力が入らないわけにはまいりません!

 

 お腹がいっぱいになった頃に“盆踊り”が始まりました。毎年踊りの指導をして下さる先生を中心にして踊りの輪が一曲一曲ごとに広がっていきます。

 炭坑節や郡上おどり・名古屋ばやしといったメロディーが流れると、これはまさに“日本の夏”。

 遠慮されていた方々も「せっかくだから踊りましょう」とお誘いすると輪に加わって踊られました。

 

 

 午後2時、会場にはたくさんの入居者様やご家族さまにお集まりいただきました。

 オープニングは愛知琉球エイサー太鼓連の皆様による演舞の披露です。

「ドーン!ドーン!」

と大太鼓から地響きに似た力強い音が伝わり、驚きと共にエイサーに引き込まれていきます。 

 目新しい配色の衣装や大太鼓・締太鼓・手踊りの演舞、地謡(じかた)や三線(さんしん)の伴奏と珍しいものばかり。

 

 

 興奮冷めやらぬ中、次は出店めぐりです。

 今年はチョコバナナ・金魚すくい・ジュース・綿菓子・みたらし団子・的当て・冷やしぜんざいというラインナップです。お目当てのお店にまっしぐらのお客様と、浴衣のいでたちのスタッフも総力戦、あちらこちらで大忙しです!

 的当てのブースでは開店早々お客様が物色され、

「これは何?どれにしようかしら。」と真剣な眼差しです。

 

 

 終わる頃には涼やかな風が吹きぬけ、会場を後にする方々から「楽しかったよ。大変だったでしょう。」とねぎらいの言葉をかけていただきました。

 

 今回ボランティアとして来て下さった愛知琉球エイサー太鼓連の皆様、魂のこもった演舞をありがとうございました。

 

 毎年夏祭りを支えて下さっている踊りの加藤先生、踊りもさることながら浴衣姿も素敵でした。感謝でいっぱいです。

 

 リバーサイドケア赤池の入居者様、ご家族様、どうか暑い夏を乗り切って、また楽しい秋を迎えましょう!

 

 

 

 

トップページへ