トップ > 施設運営方針

施設運営方針

 

 リバーサイドケア赤池は、愛知県で初めて、「医療法人」が開設をした有料老人ホームです。

 

 「医療法人が開設・運営をするからには、職員が自分でも入りたいと思える様な施設を作りたい。」という思いが最初にありました。

 

 毎日の生活が楽しいこと、医療面での安心感、食事がおいしいこと、お風呂が快適であること、の4つを大事な課題として、理想に近づける努力をしています。

 

毎日の生活が楽しいこと

 どんなに綺麗な設備の整った住まいでも、毎日の生活を送るためには、そこでどういう風に過ごすかを想像してみる必要があります。

 自分の趣味の事が、そこで出来るのでしょうか。

季節感のあるイベントを誰かに提供して貰えるのでしょうか。

 外出したくなった時に、全部おまかせで自由参加のツアーがあったら嬉しいですね。

 

 「自分だったらこうして欲しい。」と言う発想が、頻繁に行なわれるリクリエーションの原動力となっています。 

 

医療面での安心感

 

               相生山病院

 

 

 

 リバーサイドケア赤池が属する「医療法人清水会 」は、名古屋市緑区の相生山病院」が母体で、1974年12月に医療法人を設立して以来、地域の保健・医療・福祉に邁進してまいりました。 

 また、相生山病院へは通院の送迎(車で13分)が無料で、要介護の入居者様の場合は職員の付添いが同行するなど、医療を身近に感じることができる安心感は格別です。

 

  深夜に急病の場合でも、相生山病院は二次救急の指定病院で、24時間ドクターが常駐していますので、適確に対応できます。

  

食事がおいしいこと

 

 なんと言っても三度の食事はお楽しみの一つ。単調なメニューにならないよう、メリハリを付け、おいしく食べて頂くことを心掛けています。

 材料・調理法は摂取カロリーを計算し、1日に30種類の野菜が食べられることを目標に、管理栄養士が献立を作っています。

 

 栄養バランスの取れた、規則正しい食事により、一人暮らしで偏った食事のために歩行も困難だった方が、見違える様に元気になられます。

 

 

  

  

行事食写真

昼食の一例<季節の膳>

   (米は富山県産コシヒカリを使用しています。)

 

 

お風呂が快適であること

温泉露天風呂(一部)

 日本人はお風呂が大好き。特に露天風呂の開放感は、たとえようがありません。青い空・白い雲・真っ赤に色づいた紅葉などを眺めながら、のびのびと手足を伸ばしてゆったりと温泉に浸かる。まさに極上のひと時です。

 

 温泉露天風呂は北海道の二股温泉より取り寄せの「天然温泉石灰華」を使い、厚生労働省が承認した効能・効果=

あせも・冷え性・湿疹・打ち身・リュウマチ・肩こり・腰痛・神経痛・痔などに 効果があり、入浴後はびっくりするほど長くポカポカの状態が続きます。

 

 館内にある大浴場・小浴場では全ての浴槽で、新しい温湯が常時掛流しとなっており、水面に浮いている髪の毛やゴミ等は、浴槽の縁からすぐに流れ出て、お湯はいつも綺麗。気持ち良く、湯浴みを愉しむ事ができます。

 

Page Topへ