トップ > 音楽・芸能花盛り

音楽・芸能 花盛り

2014年春のイベントは音楽・芸能で大賑わいとなりました。

 4月19日に開催された『漫談&オカリナショー』をスタートに、この春は音楽・芸能イベントが花盛りとなりました。
 『大正琴演奏会(5月7日)』
 『ユーカリアンサンブル弦楽四重奏(5月10日)』
と、短い期間の集中開催で「今度は何?」と期待満々の皆様でした。

 まず第1弾は、【漫談&オカリナショー】です。
漫談は経大亭勝笑さんがいつもの如く、軽妙に時事ネタを交え、お客様をうまく巻き込んで盛り上げていただきました。

okarina

  大正琴の哀愁漂う音色と調べに、入居者様は深く聞き入って、うっとりとしている方も見うけられました。

 また、歌を良く知っていらっしゃる入居者様はワイヤレスマイク片手に『大正琴カラオケ』を楽しんでいらっしゃいました。


アンサンブル

   普段はなかなか管弦楽の生演奏を聞く機会は無いので皆様大変心待ちにされており、歌詞カードを見ながら一生懸命歌っていらっしゃいました。

   以上、1ヶ月の短い間に3つの異なった芸能・文化をご提供いただきましたボランティアの皆様、本当にご協力有難うございました。




                   トップページヘ
mandan

 今回のネタは「最近話題の研究論文の話」でしたが、大ウケされる方とポカンとされる方と半々でした(職員には大ウケでした)。

 次の、大矢みちよ様によるオカリナの演奏では、童謡・演歌・民族音楽・歌謡曲など入居者様のよく知っている曲を演奏していただき、昔を懐かしみ演奏に合わせて口ずさむ方もいらっしゃいました。

 5月7日にはお馴染みの【大正琴の演奏会】を実施しました。
今回は『こいのぼり』や『茶摘み』『富士山』など全10曲を演奏していただきました。

taisyokoto

  最後の第3弾目は、5月10日に実施しました入居者様のご家族様とその仲間の方たちによる『ユーカリアンサンブル』の【弦楽合奏・管楽合奏の会】です。
  管楽器の合奏曲目は、『フレールジャック』『早春賦』
『証城寺の狸囃子』『椰子の実』『小さい秋みつけた』『汽車』『浜辺の歌』で、弦楽器の合奏曲目は『おもちゃのチャチャチャ』『瀬戸の花嫁』でバラエティーに富んだ全9曲を、プロのような腕前で演奏していただきました。

アンサンブル2